グローバルな電力システムの構築

皆様の変電所の自動化システムは、世界共通規格に準拠していますか。

Language:
English 中文 日本語

電気事業

変電所がインダストリー4.0に入る前、変電所と給電指令所(AD/DDCC)、または下位RTUの間の通信規格は非常に多くあり、自然淘汰された後、主に広く使用されているのは、DNP3(主に北米、南半球諸国及び台湾)及びIEC 870-5(主にEMEAで使用される)です。ただしエンドユーザー(例えば台湾電力)にとって、異なるブランドの端末設備に対応するために、2つ以上の管理システムを配置し、習得する必要があり、若しくは1シリーズの設備のみを選択せざるを得なくなります (主に後者)。

イーサネットをベースにしたインダストリー4.0時代になった現在、IEC61850の標準化されたプロトコル及びフローが導入された後、アーキテクチャがより明確になり、共通規格によって各端末設備ブランド間の互換性を完備させ、通信プロトコルの不一致による相互運用性の低下を解決します。端末設備の制限を解除したため、メンテナンスと運用のコスト、電力網の複雑さも大幅に低減されます。さらにイーサネットネットワークの帯域幅のメリットに基づき、IoT、プライベートクラウドと組み合わせることによるビッグデータ伝送(XMPP)及び分析は、南部の電力を北部へ送ること、事前判断及び節電などの把握と保守を容易にしています。
IEC61850を導入した変電所と従来のアーキテクチャとの最大の違いは、保護リレーシステムPMCCが組み込まれていることです。したがって、高精度の時刻同期(PTP)と「ゼロ故障回復時間」の超高信頼性を備えた通信ネットワーク(PRP/HSR)の構築は非常に重要な議題となります。特に世界中グリーンエネルギー(Green Energy)の推進において、TAILYNのIEC61850ソリューションは、上述の各種条件を満たすためのベストチョイスです。またTAILYNは、発電所向けIoTソリューションも有し、通信事業者の無線ネットワークを介して、フィーダー自動化端末設備の情報を収集ステーションに伝送できるため、冗長性及び利便性が大幅に向上し、配線コストを効果的に削減できます。

法律上の注意と商標について 個人情報保護方針 クッキーポリシー サイトマップ